※現在内容の見直しをしておりますので、近日中に一部変更があります。

ご承知おきください。

 

※以下ハッピー犬屋敷ブログからの転載です。

 お申し込みはブログの方から、もしくは左サイドバーの「お申し込み」からお願いいたします。

 

 里親様の条件です。
わんこが幸せになるために、と書かせて頂いてます。

色々な愛護団体さんの条件にほぼ準拠しておりますが、個人でやっておりますので、もっとフレキシブルに考えて、ショコママなりの基準を作りました。

下記条件をご了承いただき、そしてこの条件に合う方は、ブログ内にあります申し込フォームをご記入されて送信して下さい。
私の方からメールを差し上げます。
お申込みの方の中から最も条件に合った方と募集中のわんこに見合いをしていただきトライアルを開始致します。
トライアルで問題がなければ、ご連絡を頂き、正式譲渡とさせていただきます。


 

●混合ワクチンは基本接種してお渡ししますが、翌年からも毎年狂犬病予防や混合ワクチン、フィラリアの予防等の健康管理を必ずお願いします。
●狂犬病の接種については、畜犬登録の関係上、里親さまにお願いしております。
●生涯家族の一員として必ず 室内で育ててください。玄関等、又ケージに入れっぱなしは含みません。
●お申込みの際は必ず、同居される全てのご家族の同意を得られていること。
●持家、もしくはペット可住宅にお住まいの方であること。
●同棲中のカップル、お若い既婚者のカップル。既婚者でもこれからお子様ができるようなカップルは不可です。
●乳幼児のお子様がおられるご家庭では基本、お断りさせて頂きます。
●小学校のお子様のいらっしゃるご家庭の場合は犬種やサイズなど、条件によりますのでお問い合わせください。
●留守番時間の長短などの条件によって、又犬の月齢や性格等により、ご希望のワンちゃんを譲渡できない場合があります。
●一人暮らしの方には、里親様ご自身やワンちゃんの急な病気や入院などを考慮し、基本ワンちゃんの譲渡はできません。ただし、ご家族がご近所にお住まいであるとか、確実にサポートが出来る体制が整っているという証明があれば可能な場合もございます。

●里親様とワンちゃんの年齢などを考慮し、65才以上~の方の場合、必ず保証人が必要になります。
又、平均年齢60才以上のご夫妻には5才以下のわんちゃんはお譲りできません。ご自身の年齢にワンちゃんの平均余命を加算してみて下さい。
●未成年の方は、保護者の方からのお申し込みが必要になります。
●ワンちゃんの譲渡はお申し入れの順番ではありません。ワンちゃんと里親様の条件を十分考慮させて頂いた上で譲渡させて頂きます。
●ワンちゃんのお引き渡しは基本、手渡しです。
私もしくは、同じく保護活動をしている仲間のボラのお届けとさせて頂きます。
また、お届けは基本関東(東京・埼玉、千葉、神奈川)長野、山梨辺りですが、遠方も可能な場合があります。ただ、お届け地域により当然ご負担頂く交通費が高くなります。(高速代金、ガソリン代、など)
ボラ仲間がいない遠方でも事前にお話合いをして、必要書類(免許書のコピー、住民票など)や飼育場所の写真などを頂いた後、預かり地域まで連れに来て下さることが可能なら、お譲りする場合もございます。直接の空輸などはしておりません。

●基本的に避妊やワクチンなどはこちらでさせて頂きますので、医療費の一部をご負担頂きます。その中には歯科治療、外耳炎などの治療、乳腺腫瘍などの切除も含まれます。
●医療費のご負担は、50万かかる子も、お預かりする医療費よりも安い子もいますが、上限を♀40,000~45,000、♂35000~40,000円程度としております。

その子の年齢や症状、状態によって多少違ってくる場合もありますのでご質問ください。又、季節によってはフィラリアなどのお薬を飲ませます。その費用の一部をご負担頂きます。

その辺をご理解下さる方にお申込みいただきたいと思います。
●別途医療行為(フィラリア以外の外注など特殊な血液検査やマイクロチップ挿入など)をご希望の方は(状況によってはこちらで判断させて頂いて行う場合もあり)その費用をご負担いただきます。

その分の明細はお知らせいたします。
●又、トライアルで譲渡にならなかった場合、医療費はお返しいたしますが、交通費はお返しできません。

トライアル後、お返しの際も交通費&諸経費を頂きます。
●何らかの事情でトライアル後にわんちゃんを返したい場合もお引き取り致しますが、それがトライアル期間を大幅に超えていた場合(3ヶ月以上)医療費はお返しできませんのでよろしくお願い致します。


里親募集に応募されて、引き渡しの直前になり「(医療費などの)お金がかかるならやめます」というお話があるそうです。

でも、この辺の費用は1円も私の利益になるものではなく多分ご自身で病院で直接されても同じくかかる費用です。避妊などを事前にさせて頂くのは、避妊はこちらでしますから、と言われても実際にはして下さらない場合があるそうです。
殆どの愛護団体さん経由でも必ず避妊や予防接種、フィラリアの検査などはしてからのお渡しになると思います。

お金がないから保護犬を譲って欲しい、という方がおりますが、保護犬であっても、毎年それなりのお金はかかります。

申し訳ありませんが、ワンコにお金をかけられないような方にはお譲りできません。

ショコママの保護するわんこは特にトリミングを要する犬が多いです。
年齢もそんなに若くないので、これから(保護犬に限らず)お金がかかってくる年齢だと思います。
お金がないから保護犬という安易な選択肢ではお譲りできません。

又、過去にあるわんこが欲しいばかりに虚偽のプロフィールを知らせる方がおりました。

例えギリギリでも、あるいは譲渡の後でもその事が発覚した場合、わんこはお譲りできませんので、決してご報告いただく内容に虚偽のないようにお願い致します。
 
わんこの幸せを願っての事ですので、どうぞご了承下さいませ。

募集は私のブログだけではなく、他でもさせて頂いております。
応募は先着順ではなく、わんちゃんの環境により良い方を選ばせて頂きます。

その点も合わせてご了承下さいませ。